腹筋背筋、体幹を鍛えることの大切さ

実は、ダイエットをして余計な脂肪やお肉を落とそうと思ったら、大事なのは体幹を鍛えることなのです。ただ体重を落とすだけのダイエットは、カラダのラインを綺麗にすることにはならないので、意味がないということは最近認知されてきていることなので、ちゃんと筋肉をつけなければいけないと考える人は多くなってきています。しかし、単なる筋トレではなく、体幹を鍛えることが大事だということは、あまり知られていません。背中に肉がついて、ブラジャーをした時に、下着のラインの上に肉が載るといった悩みや、下腹部のポッコリが気になるといった悩みを持つ人がたくさんいます。これらの原因は、単に皮下脂肪が多いからというだけではありません。腹筋や背筋などの筋肉が落ちているから、カラダの肉が余計についてしまい、カラダのラインを崩しているのです。ところが、筋トレをして腹筋や背筋だけを鍛えたらいいのかもいうと、そうではありません。インナーマッスルを鍛えることが必要なので、そのためには体幹を鍛えることが必要なのです。体幹を鍛えると、カラダのバランスが整い、カラダの歪みが解消されるので、下腹部のたるんだお肉もつかなくなります。背筋がつくと、カラダが真っ直ぐに伸びて、背中のお肉がつきにくくなります。インナーマッスルを鍛えて、カラダのラインをトータルでケアすることが一番大切なのです。テクスチャー14

Filed under: 未分類 — じだい 5:52 AM